FC2ブログ

口蹄疫の影響

連日、報道されている口蹄疫

当初、発生を聞いても大丈夫だろうと思っていました。

10年前の口蹄疫は、ここまで無かったからです。

思っていたよりも深刻な事態に、自分がいかにのん気に構えていたか痛感しています。

畜産を取り巻く宮崎の産業は全てリンクしていて

牛や豚の餌を作る農家・業者

餌を運ぶ運送会社

畜産関係者から肥料を分けてもらう農家

育成にかかわる業者   …などなど

数えたら切りが無く、どの業種がかけてもうまく回らない仕組みが出来上がっているのを感じてます。

その中にやきとり大将はある訳で、その皆さんが総会や打ち上げで使って下さったり

家族で使って頂いたりしてます。

そんな顔の見えるお客様の様子などを伺うと、今回のことは胸が痛みます。

誇りと自信を持ってやってきたものが、こういった形で崩れていくのを嘆いている方ばかりです。

はやく終結してくれるのを祈るばかりです。

私はあまりマイナスな事を言ったり思ったりするのはしないようにしていますが

今回の事は宮崎に大きなダメージを与えた事は確実です。

ありがたいことに支援の輪が広がっているようですが

県全体の宮崎ブランドが立ち直るには時間がかかりそうです。

イベントもダメ、広告もダメ、とにかく人が集まる状態がダメなのです。

本当に、今、児湯郡全体・新富町は大変な事になっています。

うちもそうですが、どの飲食店もキャンセル続きで悲鳴を上げています。

お客さまと言うよりも、夜は特に歩いてる人がいない。

関係者は現場から動けないそうです。

色々な作業に畜産関係の方ばかりでなく、地区の消防団も夜中に頼まれて手伝いに行かれているそうです。

12:00~6:00夜中の作業だそうです。

以前、うちで働いていてくれていた子が消防団に入っているので教えてくれました。

頼まれて出ていてもボランティアです。

時間外手当なんかはありません。

近くの畜産農家が知り合いだから、牛を埋める畑を提供したりして助け合っています。

状況は深刻です。

お店でも口蹄疫被害義援金の寄付活動をすることにしました。

店頭やネット、通信販売も始めます。

当店は、集まった寄付金は新富町役場に寄付するつもりです。

終結宣言まではなんとしても頑張りたいです。

長々と書きました。

読んで頂いてありがとうございました。

⇒HOME

Comments 0

Leave a reply