FC2ブログ

28年目の集大成

新商品『和風点心 鶏鳴keimei』 完成ですp(*^-^*)q

この度、高鍋信用金庫さんのセミナーによる

みやざきの宝 発掘!創造!プロジェクトに声を

かけて頂きまして参画しております。

このプロジェクトはコラボ企画になっており、

弊社はキムラ漬物宮崎工業(株)さんと

白砂ヶ尾地鶏牧場  野田さんとコラボレーションさせて頂きました。

今回の商品は、以前に作っていたものをバージョンアップした形になります。

鶏鳴蒸し器

鶏鳴ロゴ

うちに来られた方は、『あれ!?食べたことがある!』って思われたと思います。

これまで3000個近く作っておりますので、それもそうだと思います。

新富町のまつり新富では若鶏で作りましたから。



宮崎のお土産を作りたくて試行錯誤、迷いながら迷いながら

あちこちに相談したり、知り合いを捕まえて夢を語って見たり

ここに焦点が定まるまでには、かなり時間がかかりましたけど。

セミナーに出て、ようやく焦点が定まったような気がします。


私だけの最高食材で作りました。

料理をするときには、予算に合わせて作るのが普通です。

今回は、作ってから原価で値段を決めました。

宮崎最高の鶏、地頭鶏だけを使っているのに、

他の食材を落とす必要がないからです。

ここで、『 ????? コラボで鶏はわかったけど、お漬物は?????』

って感じでしょ。

ですよ。ですです!!

セミナー講師から、食べてもらったつくねに、コリコリ感が欲しいと言われ

鶏の中に入れたのが「乳酸発酵した3年物のぬか漬けたくあん」です!

どうして、たくあんなのか!

どうして、そこの地どりなのか!

理由はひとつ!

その食材に惚れたからです。

・・・コラボするのが宿題のセミナーでは、そこに会社訪問するのも宿題でした。

キムラさんは同じ新富町で、同じ勉強会で、MRTグルメコンテストでもご一緒でしたので

人柄はよくわかっています。

でも、改めてものつくりにかける想いをうかがった時に、

『日本の伝統であるぬか漬を守り継いでいくのが自分の使命』だと

話されたんですよ。かなり、驚嘆しました。そして本物はこうなんだと思いました。

一方、地頭鶏牧場の野田さん。

ある日、突然、今から行きますと行きました!

本当のセミナーでの宿題は、コラボは同じテーブルだったのですが...

私は飛び越えて4班から1班のテーブルに行ったんですよ。

だって行きたかったから仕方ありませんよ(笑)

と言う訳で、突撃しました。 まるで竜巻(笑)

牧場をぐるっと案内してもらいました。

とてもいい場所で、土地柄も水も素晴らしいと感じました。

何よりも印象的だったのが、鶏が逃げない事。

逃げるか逃げないかは、不思議な表現ではありません。

他人が来て逃げるほどにおびえるなら、こちらも用心して見て回る必要があります。

鶏は逃げて一カ所に固まると、鶏同士で圧迫死したりするそうです。

だから大きな声で話したり音を立てないように気を使っていたのですが、

普通に話して、普通に見て回って、おまけに鶏を追う名犬ワンちゃん(仮名)も

ついて来るので褒めたら照れたりして、一緒に楽しく見て回りました。

とてもストレスの無い状態で鶏が育っていました。

素晴らしい職人さんです!

ほんとに感銘を受けました!

後日、野田さんから届いた地頭鶏で納得!

野田さんもお店に来て下さったので、早速、商談させてもらいました。

そうして、お二方とご縁があって、この商品は生まれました!

何でもあるから何でも作るじゃありませんよ。

最高だから使いたくて、使わせてもらっています。

これまで調理して来て培った経験で選んだものが、鶏鳴にたくさん詰まっています。

十穀米入りもち米鶏しゅうまいですから、

もち米、十穀米、鶏、があるわけです。

本来なら、宮崎産のもち米を使うところですが、どうしても熊本が応援したくて

もち米は熊本産のものを使います。あんな事があっても、粒も色も味も良品です。

十穀米は完全にどれも九州産です。これもとても良品!

これまで、5穀米や12穀米、16穀米、黒米だけ、赤米だけとかなり試して行きついたのが

今、使っているものです。お安くはありません。

鶏は地頭鶏。もはや宮崎人のソウルフードですよ。

そして、この中に入るのが 乳酸発酵した3年物のたくあん。

ダイスカットしています。

漬物の袋には、甘みを足すために柿の皮も入れてある特別なたくあんです。

たくあんは、そのまま食べるのが普通ですが、料理に使うと

その旨みは計り知れないと今回でわかりました。

葡萄だって干せば甘みもうまみも格段に増しますからね。

大根も同じ原理なんでしょうね。

味付けの基本は、自家製の塩麹です。

これが大事。

もともと、杜氏だったかたから買う麹。

別格だと思っています。

ここに麹を買いに行っておしゃべりするのが楽しいんですよ。

1時間はすぐに経ちますね。麹の事は、ここで随分教えてもらいました。

さすがに作り方は無理。企業秘密ですもんね(笑)

それを自分の割合で作ります。これも自分なりに研究しましたよ。

こうして、材料は整いました。

そうして鶏しゅうまいは出来たのですが、

じゃ、どうして鶏鳴なの?ですよね。

鶏鳴には朝が来るという意味があります。

鶏の鳴く声で起き、朝日を浴び、清々しい一日になる願いを込めて名前を付けました。

また、古事記の天岩戸開きで最初に鳴いた鳥が鶏である神話からも、この名を頂いております。

宮崎は神話のふるさとですから。

宮崎らしい、私らしいものが出来たと思っています。

やきとり屋に嫁いで28年目、

これが私の集大成です。

-----------------------------------------------

これでコラボグランプリにエントリーします!

10月22日審査会

10月29日
10月30日県庁前楠並木通り前で販売予定です。

1個380円(税込410円)
3個入り 1140円(税込1230円)です。

29・30日はお買い上げいただいた方で
アンケートを書いてもらうと商品1個をプレゼントの予定です。

-----------------------------------------------

エントリー予定である商品作りの様子が取材されました。

IMG_6768.jpg

今月10月17日 MRT放送にて

夕方 6:55より3分間の予定だそうです


ぜひ、ご覧くださいね。p(*^-^*)q

長々書きました。

最後まで読んでくださって感謝です(人´∀`).☆.。.:*・゚

⇒HOME

Comments 0

Leave a reply