FC2ブログ

アサヒ緑健さんに 炭火焼や鶏しゅうまいを納品することになりました♪

12月いよいよ始まりましたね。今年もあとわずかです。

★お知らせがあります★

この年末年始に青汁の会社、アサヒ緑健さんに
炭火焼や鶏しゅうまいを納品することになりました

47168065_1986926431404158_7143953956819959808_o.jpg

47237267_1986925961404205_7298727591572144128_o.jpg

そして、これがやきとり大将の✨新たな幕開け✨となります。

-------------------------------------------
幕開け?
青汁の会社に納品で?

不思議に思われた方も多いと思います。
届いた中に入っているのは青汁だけではありません。
お客様とのかけ橋となる情報誌、健やか倶楽部が入っています。

そしてその2018年冬号に、
ポイントがたまったら交換できる商品の案内が入っています。

そう!そこにやきとり大将がいます。
アサヒ緑健さんの全国におられるお客様に
やきとり大将の商品を納品することになりました!
そこでfacebookでこれまで、そしてこれからの事をupしますね♪

アサヒ緑健物語きっかけ編

それは知り合いのお店が、うちはここで扱ってもらったんですよ!と見せて下さったパンフレットでした。

でも青汁の会社に納品する意味が分からなくて
アサヒ緑健さんのホームページを見てなるほど!
なるほど、ポイントがたまったお客様が交換する
納品だったのかと納得しました。

それでホームページを下までずーっと読んでいたら
担当者のお名前があったので後日連絡をして
和風点心 鶏鳴®のサンプルを9月に送らせて頂いたのがきっかけです。

サンプルを送った日に担当の三宅さんからお電話を頂きました。

そして商品説明を10分ほど話させてもらいました。

こんな時には上手く話そうとするとダメなので
上手くよりもキチンと商品を説明するほうに集中しました。
後日、届いたメールを見てビックリでした。

皆さんで食べた感想が箇条書きで帰って来たからです。
それを見て、真剣に検討して頂けた事に嬉しく思いました。
そのメールに説明と付け加える事を書き込んで再度返信↑
そして鶏しゅうまいの次に、地頭鶏炭火焼のサンプルを発送しました。

そしてまた食べた感想など頂きました。
一度もお会いした事のない方とメールだけのやり取りはお仕事とは言え不安でしたが、誠実な対応に安心感が生まれました。そしてここから本格的に納品調整に入りました。


アサヒ緑健物語~準備編

そして10月には担当の三宅さんが直接やきとり大将に
来店されて商談の運びとなりました。

用意する数を聞いて出来るかどうか大将と相談し、
どうしたらその数に応えられるか計画を練りました。
そしてアサヒ緑健さん仕様の商品作りが始まりました。

本業は飲食店のやきとり大将。
大量生産の仕組みは持っていません。
ですが、作る事は出来ます。
そこでその仕組みを作ることから始めました。

アサヒ緑健さんからは、
袋などシンプルでいいとの事でしたので印刷を
する手間やコストが省かれて大変助かりました。

真空袋はこれまで使ってきた中で一番いいものを選びました。
商品は冷凍品。時間が経っても食材劣化が少ないものでなければなりません。

また真空が抜けるなども避けたいからです。
見た目も重要で、和紙風の雲竜が使ってある袋です。
印刷が無い分、袋にコストをかけて品質保持が高められました。

そして、それを入れて納品する箱です。
これまで化粧箱やそれを入れるダンボールを作った経験から
出入りの業者さんに頼みました。
規格ダンボールに実際に商品を入れて計測し
何個入るか入れるか計算。
47239209_1986915268071941_3364803256587911168_o.jpg

商品を傷つけず最高の状態でお届けしなくてはなりませんので
それも考慮しながら業者と連携プレーで作りました。
最初の段ボールサンプルはうまく行かず
次に修正して出来たのは完璧でした!

最初でうまくいかなったのは実際に商品を
入れてみないとわからないからです。

これで清潔に商品同士が傷つけない状態で
発送出来る準備が整いました。

そして作った冷凍品を保管する先も確保し
佐川急便さんに発送交渉も済ませ
商品を作るだけの状態が整いました。

そこから注文数に合わせて朝から晩まで、
地頭鶏の炭火焼きと和風点心 鶏鳴®の
商品作りが始まりました。


アサヒ緑健物語~本社・福岡へ!編

担当の三宅さんが来店された時にお願いしていた件があります。

★それは写真撮影★

47125765_1986929461403855_7885181371268726784_o.jpg

厚かましいのはわかっていましたが、
もし可能であれば立ち会わせて頂きたかったので。

普通であれば有り得ない事なのはわかっていましたが
こんなに大きなお取引は初めてなので
大きな会社ではどんな取り組みをされているのか
身近で勉強させて頂きたいと思ったからです。

箱に中でしか出来ない仕事だけでは
求められるものに応える事は出来ませんし。

そして11月12日
47165964_1986929434737191_7907157950123212800_o.jpg

アサヒ緑健さんの本社のある福岡に行って参りました。
縦にも横にもよく揺れた飛行機に乗って
フラフラになって到着(笑)

まずは本社に。
受付が見えたので、マフラーを外し身支度を整えて中へ。

スマートに入ろうと思ったのに
飛行機の座席チケットなどのレシートを
ポケットからまき散らし
いきなり拾いながら受付の方に挨拶。
心で『あ゛ーー!』と叫ぶ私(笑)
でもこれで緊張がほぐれた(笑)

アサヒ緑健さんの本社ビルは初めて。

商品を買って頂くのに、一度もご挨拶に伺わないのでは
いかがなものかと思っていたので来てよかったと思いました。

そして素敵なロビー♪
実は写真を撮りたかったけど、お仕事で行っているので控えました。
そして三宅さんが下りて見えて同じ1階にあるカフェへ♪

47427697_1986929354737199_3080034989148995584_n.jpg

47375321_1986929351403866_1924142075842920448_n.jpg
ワオ!

青汁や青汁を使ったメニューがたくさんある青汁カフェでした💕
近くなら通ちゃう♪写真はOfficialから♪
お仕事じゃなかったら色々食べてた(笑)

そこで青汁を飲みながら、三宅さんと撮影時間までお話しました。

青汁を飲んだら飛行機で揺れてた体もスッキリしました。
そしていよいよ撮影スタジオへ向かいます!


アサヒ緑健物語~写真撮影 編

本社からは少し離れた場所にあるスタジオに移動しました。
住宅街にあるスタジオ。

ちょっと昭和チックな香り漂う建物に入ると
そこには素敵な空間が!!

47084988_1986929668070501_3096971110349012992_o.jpg

なんだここ!素敵すぎる!

そして中にいる女性2人も素敵な方で、
ここはモデルクラブ?って思ったの最初の印象です。
で、後で聞いたらアシスタントさんは女優さんでした。
もー、福岡スゴすぎる!

写真が映えるように白い壁のスタジオ
手作り感のある調理台
ガスコンロもいい感じ~
47212598_1986929571403844_6004074184831926272_o.jpg

そして何よりも台に並んでいるお皿に私が作った鶏鳴と
大将の焼いた炭火焼が置いてあったのが嬉しかったです♪

名刺交換し挨拶を済ませ言われたのが
『こんな風に撮影に来られた方は初めてです。』でした。

アサヒ緑健さんに伺いを立てていたので勝手に行ったわけではありません。
承諾のもとに全て進んでいます。Facebookもそうです。

実際にやきとり大将の商品をどんな風に撮って頂けるかではなく、
和風点心 鶏鳴®をどんな風に撮るのか勉強させてもらいたかったのが一番です。

私が作った和風点心 鶏鳴®はもち米鶏焼売です。
これってひと目ではなかなか焼売だと伝えるのは本当に難しく悩みの種でした。
ひと目で肉!とか、魚!とかわかりやすい伝えやすいものではありませんから。


撮影が始まりました。

やきとり大将だけの商品ではなくて、他社さんのものもあります。
お正月向けの黒豆やきんとん♪

それらが器にのってアクセサリーをつけて
お水などで艶出しのお化粧してもらうと
見違えるような写真が撮れていきました。
 
私、つい…
かわいい~~~♪とか
お正月らしくて、すごくいいですね~~♪とか
うるさかったに違いありません。
後からですが皆さん、うるさくしてごめんなさい。
 
そしてやきとり大将商品の撮影が始まりました。
 
小皿にちょこんとのった地頭鶏炭火焼♪

今回、アサヒ緑健さんに納品する商品は小袋です。

食べやすいサイズで企画してあります。
1人でもいいし、2人で分けて食べるのもいい量です。

47227834_1986929834737151_7464493486448836608_o.jpg

46516416_1986929841403817_2719250280221769728_o.jpg

食卓にのったイメージにピッタリの小皿。
選ばれ抜いた器なのは見てわかります。
 
順調に進む撮影。和風点心 鶏鳴®の撮影が始まりました。
登場したのがドライアイス。

立ち上る湯気をドライアイスで表現します。
今の時代はパソコンソフトでどんな風にも表現できますが
本物の映像には敵いませんし、そんなことをしないのがプロです。

47373375_1986929804737154_81970966967615488_o.jpg

鶏しゅうまいを切って中を見せ
下には蒸し器に鶏しゅうまいを並べて3人で撮影です。


そしていよいよ!
地頭鶏炭火焼の撮影です。
鉄板をジュウジュウに熱くしての撮影です。
47379588_1986929958070472_5283389873837834240_o.jpg

撮影隊長の山口さんも思わず『いいね~!』
私もすごくいい写真が撮れて、パソコン前で騒いでしましました。

47355513_1986929694737165_7496888998833422336_o.jpg

炭火焼は炭の火を表現したいから
夕方にも撮影すると言われていたのですが
ここでタイムオーバー。私は帰路につきました。
 
帰り道、福岡に来て良かったとつくづく思いました。
普通は商品の写真って、メーカーサイドからの提供です。
わざわざ撮影したりすることはあまり聞きません。
 
ここまでしていただける事
ここまでされる事

アサヒ緑健さんが、いかにご自分の会社の
お客様を大事にされているかだと思いました。
 
そしてたくさんあった時間の中の会話で
すごく元気をもらったことがあります。
 
担当の三宅さんは、会社創業時からのメンバーなのだそうです。
創業時、プチプチで商品を巻いて
お問い合わせがあればプリントの中から
お客様を探し出して対応されていたのだとか。
 
アサヒ緑健さんのような大きな会社でも
そんな時期があったと聞いたら外販駆け出しの私には、すごく響きました✨

何より20年でここまで会社を成長させた手腕、
お客様を大切にする姿勢、まさにお手本です。
こうやって一緒にお仕事をさせて頂けて光栄です。

47208565_1986915201405281_7257461296684072960_n.jpg

そしてやきとり大将に出来る事
その姿勢に寄り添えるよう、期待を裏切らない商品作りです。
今も真心を込めて作っています。


先月の11/28からアサヒ緑健さん『健やか倶楽部』が配布されているそうです。
その中にはたくさんの選ばれた商品が詰まっています。
ポイントがたまっていなくても購入もできるそうです。
これはいいですよね!

10年ぶりに私も青汁の定期購入を再開しました。
飲むだけじゃなくて料理やお菓子にも使えるようで
挑戦したいと思っています。

お店はアサヒ緑健さん受注分や
ふるさと納税、山形屋さんのお歳暮ギフトなどで
定休日以外にもお休みを頂いております。

ご迷惑をおかけしてすみません。
その分、今月の12月も
みやざき地頭鶏の鶏刺しを各種380円で提供予定です。
ぜひ、ご予約してからお越し下さい。

ネットでもこれから同じものを販売していく予定です。
Officialホームページ、楽天市場店、Yahoo!店、どうぞご活用下さいませ。

これでアサヒ緑健物語は終わりではありません。
これからが始まり。そして幕開けです。


新しい年に向けて、やきとり大将の炭火焼や鶏しゅうまいが
ご家族の楽しい食卓を飾る事を願っています。

さ、今日は大きな宴会も入っています!
私も喜んで頂けるように頑張ります♪

Comments 0

Leave a reply